「整体院心在-KOKOA-」で痛みや不調を根本改善

from 整体院のデスクより

 

 

 

みなさま、お早う御座います^ ^

 

 

 

和歌山県和歌山市の「慢性腰痛」専門整体院 心在-KOKOA-

院長の中尾です。

 

 

 

本日もブログをご覧になって頂き本当に有難うございます!

 

 

今日もここ和歌山県和歌山市の整体院より、

全ての腰痛(慢性腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、腰椎すべり症、腰椎分離症、ぎっくり腰etc…)でお悩みのあなたに、

腰痛についての考え方や豆知識、腰痛改善に役立つヒントなどをお届けできればと思います^ ^

 

 

 

さあ、それでは今日もやっていきましょう!

 

 

 

今日もここ数回お届けしてる椎間板ヘルニアシリーズです。

 

 

 

以前から何度かお伝えしていますが、

椎間板ヘルニアというのは私たちの背骨と背骨の間にある「椎間板」と言われるクッションの役割を果たしてくれているものが、

 

一箇所に圧力が集中してしまうと飛び出してしまい、神経などを圧迫してしまう事で痛みや痺れを起こすと言われております。

 

 

多くの場合は、整形外科でレントゲンなどを撮った結果、

椎間板ヘルニアと言われ、痛み止めや注射または手術をするというパターンが多いかと思います。

 

 

↑↑↑↑↑

ここまでが前回までの内容だったかと思います。

 

 

 

これをふまえて今日お伝えしたいのは、

 

→腰が痛くなる

→病院でレントゲンやMRIなどで椎間板ヘルニアと診断される

→手術・注射

 

 

 

ただ、それで全て解決するのかというとそうではありません。

 

 

 

 

WHO(世界保健機構)の調査では、

椎間板ヘルニアに対して手術をしたとしても全てが良くなるわけではないというデータが出ています。

 

また逆に、実際に椎間板ヘルニアがあったとしても痛みや痺れがないというような人も多くいらっしゃいます。

 

 

 

手術をしたけど痛みが取れなくて、、、、

注射に通ってるけど全然効果がなくて、、、

 

 

など仰られる方も多くおられます。

 

そういった場合の多くは、椎間板ヘルニアではなく、

近くの筋肉であったり靭帯であったりというような他の部分が原因で痛みや痺れが出ているケースがとても多いです。

 

 

 

もしもあなたの辛い痛みが椎間板ヘルニアではなく、他の原因で痛みや痺れが出ているならどうしますか?

 

 

それならば仮にどれだけ注射をしても手術をしても意味がない、という事です。

 

 

 

胃が痛い時に胃薬を飲むから効果があるのであって、

胃が痛い時に風邪薬を飲んでも治らないですよね。

 

 

 

仮に椎間板ヘルニアと言われても、あなたのその辛い腰痛の原因が、

筋肉なら筋肉の治療をしなければいけませんし、

他の場所ならその治療をしなければいけません。

 

 

 

最も重要な事は、あなたの辛い痛みが何が原因で引き起こされているのか、どういった治療をすればいいのかという事をしっかりと見極めていく事だと思います。

 

 

 

ですので、まずは今日お伝えした様な知識や事実を知って頂き、今後の腰痛改善の一つのヒントにして頂ければと思います。

 

 

 

 

それでは今日はここまで!

 

 

 

 

最後までご覧になって頂き本当に有難うございました。

和歌山駅3分「整体院心在-KOKOA-」 PAGETOP